印刷代行サービスの納品日を比較!

印刷代行サービスの納品日を比較!納品日と料金は関係する?

印刷代行サービスは「安い、早い、高品質」がウリの印刷サービスです。でも納品までにどれくらいかかるか、納品日による金額の違いがあるのかなど具体的なデータについてはよく知らないという人も多いのではないでしょうか?

この記事では印刷代行サービスの一般的な納期がどれくらいか、そして納品日ごとの料金の違いはどれくらいかを解説したいと思います。

1.印刷代行サービスの一般的な納期

印刷代行サービスの一般的な納期

基本的に印刷代行サービス業者の納品は郵送形式になるので、地域によっても変わりますが1日か2日の郵送期間を見ておく必要があります。そのため今日印刷発注して明日すぐに取りに行くといった余裕のない発注は避けた方が良いです(印刷内容によっては翌日納品が可能な場合もある)。

納期のおおまかな目安

有名な業者であれば当日発送に対応してくれますが、だいたい5~10営業日を最大納期として1日単位で選択できるようです。当日、1営業日以内、2営業日以内・・・10営業日以内というように細かく刻んで納期選択できるので、会社の都合に合わせた発注ができます。

先述のように当日中に手元に印刷物を配送してくれる特急サービスもありますが、東京23区限定など条件が限られているので余裕を持った発注をする必要があります。また全国的に用紙供給が減少するような場合は一部の商品や納期選択に制限がかかることがあるので要注意です。

2.納品日の違いによる料金を教えて!

印刷代行サービスの一般的な納期

基本的に納品日が早ければ料金は高くなり、遅ければ遅いほど料金は安くなります。急な印刷依頼が求められる場合は別として、あらかじめ余裕を持って注文することでコスト削減ができます。

一例として印刷代行サービス大手3社(「ラクスル」「プリントパック」「東京カラー印刷」)の納期を次のような条件で比較した場合の結果をご紹介します。条件:A4チラシ、フライヤー、コート紙90kg、両面カラー、500部という条件比較

■「ラクスル」の場合(税別。@後の数字は1枚当たりの料金)

部数 500部
当日出荷 4,390円
受付日から
1営業日後
3,900円
受付日から
2営業日後
3,380円
受付日から
3営業日後
3,200円
受付日から
4営業日後
3,110円
受付日から
5営業日後
2,750円

ラクスルでは2019年5月現在で当日~5営業日以内の出荷に対応しています。5日間余裕を持って1,640円の節約になります。やはり余裕を持って納期選択をすることが大切と言えますね。

■「プリントパック」の場合(税込)

部数 500部
当日出荷 4,690円
受付日から
1営業日後
4,030円
受付日から
2営業日後
3,550円
受付日から
3営業日後
3,230円
受付日から
4営業日後
3,010円
受付日から
5営業日後
2,830円
受付日から
6営業日後
2,650円
受付日から
7営業日後
2,600円

プリントパックは7営業日以内までの納期選択に対応しています(2019年5月時点)。こちらは7営業日待てば2,090円の節約になります。

■「東京カラー印刷」の場合(税込)

部数 当日出荷 1営業日以内 2営業日以内 3営業日以内 4営業日以内
500部 4,690円 4,030円 3,550円 3,230円 3,010円
部数 5営業日以内 6営業日以内 7営業日以内 8営業日以内 9営業日以内 10営業日以内
500部 2,830円 2,650円 2,600円 2,590円 2,580円 2,570円

東京カラー印刷は3社の中では最も納期選択の幅が広いです。当日出棺と10営業日以内の料金を比較すると2,120円の差が出ました。半分とまではいかなくても相当の節約になることが分かります。ただ7営業日以降の料金は1日余裕を見ても10円ずつしか安くならないので、この程度であれば納期を早める選択も出てきます。

3 .納期と金額のバランスが良い業者はどこ?

納期と金額のバランスが良い業者はどこ?

どの印刷代行サービスに頼んだら良いか迷った場合は、紹介した3社に絞って発注するのがおすすめです。3社とも低価格でプリントしてくれる上に当日発送にも対応しているので急に印刷依頼の必要が生じた場合でも安心できます。3社のおおまかな特徴は以下の通りです。

■ラクスル[https://raksul.com/]

  • 24時間注文受付対応
  • 全国送料無料(名刺以外)
  • 無料デザインテンプレートが豊富
  • 印刷サンプル無料

■プリントパック[https://www.printpac.co.jp/]

  • ユーザー登録数121万以上
  • 日本全国送料無料
  • マイクロソフトオフィスでの入稿可能
  • 不具合が出た場合は100%返金保証

■東京カラー印刷[https://www.tcpc.co.jp/]

  • 24時間注文受付
  • 超特急店頭渡し(120分以内の印刷で店頭引き取り可能)
  • 3時間以内のチャーター便(東京23区)
  • 深夜特急便(22時までの入稿で翌朝8時に引き取り可能)

4.まとめ

印刷代行サービスでは自分で納期を選択することができます。印刷を急いでいる場合には当日発送、余裕がある場合はコスト削減のために発送日を遅くするなど様々なニーズに対応してくれるので便利です。

大手であれば印刷料金の差がそれほど大きくありません。また納期によって最安料金が入れ替わる事もあるので、発注前に複数の印刷代行業者を比較すると良いですね。

関連記事

  1. 名刺の印刷代行のメリットと安くて速い業者のオススメ紹介

    名刺の印刷代行のメリットと安くて速い業者のオススメ紹介

  2. ラベルを格安で印刷するポイントと印刷業者のオススメ紹介

    ラベルを格安で印刷するポイントと印刷業者のオススメ紹介

  3. バーコードを選択する方法と印刷業者のオススメ紹介

    バーコードを選択する方法と印刷業者のオススメ紹介

  4. 印刷代行のおすすめ業者はここ!シーン別に3業者を紹介!

    印刷代行のおすすめ業者はここ!シーン別に3業者を紹介!

  5. 代表的な印刷業者の紙質、用途、価格とは?

    代表的な印刷業者の紙質、用途、価格とは?

  6. 印刷代行サービスは何をしてくれるの?メリットとデメリット

    印刷代行サービスは何をしてくれるの?メリットとデメリットを解説!

PAGE TOP

印刷代行

tシャツに印刷する方法と印刷業者のオススメ紹介

tシャツに印刷する方法と印刷業者のオススメ紹介

印刷代行

バーコードを選択する方法と印刷業者のオススメ紹介

バーコードを選択する方法と印刷業者のオススメ紹介

印刷代行

ハガキのデータを作る際の注意点とハガキの印刷業者のオススメ紹介

ハガキのデータを作る際の注意点とハガキの印刷業者のオススメ紹介

印刷代行

ラベルを格安で印刷するポイントと印刷業者のオススメ紹介

ラベルを格安で印刷するポイントと印刷業者のオススメ紹介

印刷代行

代表的な印刷業者の紙質、用途、価格とは?

代表的な印刷業者の紙質、用途、価格とは?