印刷代行サービスの商品はバリエーション豊富

印刷代行サービスの商品はバリエーション豊富!印刷・発送全部お任せ

結婚式やフリマなどのイベントを開く時に、大量にはがきやチラシやパンフレットなどを印刷したい時ってありますよね。でも個人であれ会社であれ高品質な印刷物を大量かつスピーディーに仕上げるのはなかなか難しいことがあります。

家庭用プリンターや一般的な複合機では特殊な印刷に対応できないこともありますし、やはり量や手間を考えると業者に依頼する方が効率的です。

この記事では印刷代行業者に依頼できる印刷物のタイプと、印刷以外のお得なサービスについて紹介したいと思います。

1.どんな印刷物商品が依頼できる?

どんな印刷物商品が依頼できる?

印刷とかプリントと聞くと、「A4やB5用紙に印刷されたモノクロ文書」を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか?でも印刷代行業者に依頼できる印刷物のバリエーションは本当に豊富です。一例として「プリントパック」という業者で依頼できる印刷商品には以下のようなものがあります。

  • カレンダー
  • コミック・同人・自費出版
  • チラシ・フライヤー
  • ポスター
  • 車両広告
  • 折パンフレット
  • 冊子・パンフレット
  • フリーペーパー
  • 写真集
  • ノート
  • はがき・ポストカード
  • DM
  • 名刺
  • カード・チケット
  • パネル・POP
  • フォルダー・クリアファイル
  • 封筒
  • ビジネス資料
  • シール・ステッカー

参照:プリントパック

このように多種多様な印刷ができる上に、物によっては少数部数から依頼ができます。個人であれば団体であれ企業であれ様々なユーザーが気軽に印刷依頼できるのがネット印刷代行サービスの強みです。「結婚式のウェルカムボードを依頼したい」とか「販促のためにDMを作りたい」「写真集を大量に作りたい」などの色々な要望に応えてくれます。

2.印刷以外で依頼できる商品やサービス?

印刷以外で依頼できる商品やサービス?

印刷代行サービス業者が提供している商品やサービスには、印刷以外のものもあります。例えば以下のような便利なサービスを依頼することもできます。

・デザイン作成の相談
印刷代行業者は大変便利ですが、自分で印刷用データを準備する手間があります。でも中にはデザインまで担当してくれる業者もいます(「アルプスPPS」)。「印刷~発送」というのが一般的な代行サービスですが、この場合「デザイン作成~発送」とすべてをワンストップで発注できます。

・宛名印刷、投函サービス
通常印刷だけでなく宛名を印刷して封入し、発送までしてくれるサービスを提供する業者もいます(「プリントビズ」など)。印刷をして自社で発送会社に依頼するという手間が省けるため、1度の注文で効率的な販促ができるのは魅力です。

・宛名リストの購入
DMを送る時はターゲットの選定が大切ですが、特定の地域や職種などをターゲットにした宛名リストを販売している代行業者もあります(「ラクスル」など)。これを使うことで単なるバラマキではない戦略的な販促ができます。

3 .印刷代行業者が取り扱っている紙の種類はどれくらいある?

印刷代行業者が取り扱っている紙の種類はどれくらいある?

上記のように印刷代行業者では様々なタイプの印刷物を依頼できますが、依頼する時にクライアントが紙の種類を選ぶ必要があります。使える紙の種類には以下のようなものがあります。

・コート紙(グロスコート)
カラー印刷で一番使われるメジャーな用紙です。表面にコート剤と呼ばれる成分が塗布してあるのが特徴で質感は滑らかです。そのため写真印刷に向いていて、チラシやポスターやパンフレットなど幅広い印刷物に向いています。

・マットコート紙
コート紙は微妙に光沢がある用紙ですが、マットコート紙は光沢が抑えられていて高級感のあるのが特徴です。カタログ印刷やリーフレット、パンフレット印刷などに向いている用紙です。

・上質紙
質感が多少ざらっとしていて表面にコーティングされていない用紙です。チラシやDM、パンフレット、挨拶状などによく使われる用紙です。

・和紙
植物性粘液と木の皮などを使った日本紙です。

・合成紙
ポリエステルやポリエチレンなどを加工した合成素材でウォータープルーフの特性を持ちます。そのため野外に掲げられることが多いポスターや看板などに適しています。

紙質を表す「kg」って何のこと?
印刷代行業者の発注画面には用紙を選択する画面がありますが、そこでは「コート紙○○kg」というように紙の種類をkg表示しています。このkgとは「紙の厚み」を指す数値です。

「厚みならmm表示じゃないの?」と思う人も少なくないですよね?実は印刷用紙は1000枚を積んだときの重さで用紙の厚みを表示します。当然重量が重くなるほど紙の厚みが厚いです。だいたいの厚みの目安は以下の通りです(「日経印刷」データを参照)。

重さ 厚み 内容
55kg 0.08mm 一般的なコピー用紙より少し薄い用紙です。
ページ数の多い冊子の本文用紙などに良く使われます。
70kg
73kg
中厚口
0.08~0.10mm 一般的なコピー用紙とほぼ同じ厚さです。
新聞折込やポスティングのチラシ、冊子の本文用紙などによく使われる、薄めの用紙です。
90kg
厚口
0.08~0.10mm 一般的なコピー用紙とほぼ同じ厚さです。
新聞折込やポスティングのチラシ、冊子の本文用紙などによく使われる、薄めの用紙です。
105kg
110kg
特厚口
0.10~0.16mm ある程度しっかりした厚みがあります。
商品パンフレットや会社案内によく使用されます。
ポスターや厚めのフライヤーにもお勧めです。
130kg
135kg
0.13~0.19mm しっかりした厚みがあります。
冊子の表紙やポスター、商品パンフレットなどによく使用されます。
150kg
180kg
0.21~0.26mm 郵便ハガキとほぼ同じ厚さです。
DMやポストカード、冊子の表紙によく使用されます。
220kg 0.25mm ハガキよりも厚く、かなりしっかりとした厚さです。
ポストカードはもちろん、ページ数の多い冊子の表紙にもお勧めです。

参照:日経印刷データ

4.まとめ

印刷代行サービスではチラシやポスター、写真集、DM、パンフレットなどあらゆる種類の印刷物を作成するサービスを提供しています。自社のプリンターや家庭用プリンターでは難しい出力も低価格でスピーディーにこなしてくれるので、特別な印刷物がある時や大量の印刷を依頼したい時に便利です。

また印刷だけでなく宛名リストの購入やDM発送作業、デザイン作成などより幅広いサービスを展開している業者もあります。費用面も考えながらよりコスパと質が良い印刷代行サービスを選んでください。

関連記事

  1. 名刺の印刷代行のメリットと安くて速い業者のオススメ紹介

    名刺の印刷代行のメリットと安くて速い業者のオススメ紹介

  2. 印刷代行サービスは何をしてくれるの?メリットとデメリット

    印刷代行サービスは何をしてくれるの?メリットとデメリットを解説!

  3. 印刷代行サービスの納品日を比較!

    印刷代行サービスの納品日を比較!納品日と料金は関係する?

  4. 印刷代行のおすすめ業者はここ!シーン別に3業者を紹介!

    印刷代行のおすすめ業者はここ!シーン別に3業者を紹介!

  5. ハガキのデータを作る際の注意点とハガキの印刷業者のオススメ紹介

    ハガキのデータを作る際の注意点とハガキの印刷業者のオススメ紹介

  6. 代表的な印刷業者の紙質、用途、価格とは?

    代表的な印刷業者の紙質、用途、価格とは?

PAGE TOP

印刷代行

tシャツに印刷する方法と印刷業者のオススメ紹介

tシャツに印刷する方法と印刷業者のオススメ紹介

印刷代行

バーコードを選択する方法と印刷業者のオススメ紹介

バーコードを選択する方法と印刷業者のオススメ紹介

印刷代行

ハガキのデータを作る際の注意点とハガキの印刷業者のオススメ紹介

ハガキのデータを作る際の注意点とハガキの印刷業者のオススメ紹介

印刷代行

ラベルを格安で印刷するポイントと印刷業者のオススメ紹介

ラベルを格安で印刷するポイントと印刷業者のオススメ紹介

印刷代行

代表的な印刷業者の紙質、用途、価格とは?

代表的な印刷業者の紙質、用途、価格とは?